ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

金型の内製化

 

最近、1ヶ月ほど製品へのニーズ調査とお客様のご希望を承りに現場(工場)訪問をさせて頂いているのですが特に大手企業様においては金型の内製化がトレンドのようになっていると感じます。
一昔前は製品図が出図され、設計製作を外注さんが行うという流れが一般的であったように思います。内製化の波の要因を探るために、デメリットとメリットを考察してみます。

デメリット

1 設備
  金型を製作するにはマシニングセンターから放電、研磨機等、多くの設備が必要です
  ので、初期投資がかかる。
2 オペレーター
  加工機械を稼働させるための人員を確保しなければなりません。設備と同様ですが、
  仕事が有っても無くても固定費がかかりますのでリスクが有ります。
3 スペース
  加工機械設置だけのスペースだけでなく、材料や仮置きの場所、オペレーターの居室
  など製造に必要なスペース以外も必要になります。

メリット

1 技術力
  金型に製造には多くの知見や技術を必要とします。継続させることでこれらの知見の
  開発や技術力の維持を継続させることが出来ます。
2 企業独自のノウハウの保全
  外部に図面等を出しませんので製品づくりのノウハウや知見が外部に流出する危険が
  なくなります。特に際立った新製品や新技術の投入時には有利です。
3 納期
  外注ではないために社内で納期の優先順位を元に工程を立てることが可能になります。
  外注の混雑に工程を左右されることがなくなります。
4 手直し等
  金型には設計変更や新製品への移行などが頻繁に発生しますが、社内であれば流用や
  標準化など無駄のない設計と製作が可能になります。

デメリットとメリットを比較しますとある程度の製作量が担保できるなら内製化のメリットも大きくなるように思え、それらの損益分岐点は、どれだけ効率的に製造できるシステムであるかによって変わってきます。設備やスペースはともかくとして、オペレーターは最小であるほうがリスクは少なく済みます。

その視点で思い返しますと内製化を進められている企業様の製造システムは本当に最小の人員で製作が出来るように設計されており感心させられます。もっとも、弊社の製品(ジェイコア)絡みでお伺いしているので、そのような企業が多く見受けられることは否めませんが、ここ5年で間違いなくこの動きは活発になっております。先日拝見させて頂いた企業様ではマシニングセンター12台にオペレーターは2人でした。

専業の金型メーカーですと、様々なサイズや鋼材、業界に対応させるため加工機械もある程度、種類を保有しておかねばなりませんが、自社専用であれば、このあたりも統一が可能ですから有利に働くことも有るのでしょう。

今後も注目していたいと思います。

 

2017年11月14日

精密加工の感覚

左:0.5Rボールエンドミル 28,000RPM 右:0.5Rラジアスエンドミル 2,700RPM
レーザー測定の結果段差は0.1μm未満です。

お客様とお話をさせて頂く中で、度々お伺いする言葉が御座います。「弊社はそんな精度物は扱っていないからなぁ」確かに図面等を拝見させて頂きますと標準公差に準ずるレベルの公差なのですが、よく見ると平行度で有ったり、表面粗度の指定が有ったりします。例えば日用品の製造に用いられるモールド金型。バケツや大きいものですと風呂桶等、若干寸法が異なっても使用上問題は発生しません。しかし、段差(平行度に含まれます)や製品の手触り(金型をトレースしますので表面粗度に依存します)には敏感です。想像して下さい。乱暴な例えですが、公差が±1mmであっても、平行平坦度5μm 表面粗度RAで20等の指定が有ったら、最終的に研磨や磨きで仕上げなければ到達できない領域です。そういった意味では図面を書かれた方がうまいのかもしれませんが、段差や加工誤差は許されないのと同じです。主に前述のお言葉は経営者の方から発せられることが多いのですが、現場はこれらの制約を達成させるために相当の労力・工数を費やしていることが多々ございます。ここにコストダウンのヒントが有るように思えます。研磨や磨きの工程が無人で圧縮されたらどの程度のコスト削減になるかを試算されますと検討の種になるかと存じます。本製品は精度物を製作するために使用される例は全体の3%です。97%は上記のように一般的な製品を自動で、あるいは誰でも製作できるように使用されている例となっております。

 

2017年11月08日

貴重なお時間を有難う御座いました。


お客様のご相談を承る東北の旅、終了致しました。
沢山のご希望と仕様依頼を承りました。貴重なお時間を頂き本当に有難う御座いました。
大企業様や歴史がある加工企業様は独自の加工ノウハウが本当にたくさん有ると思います。
これだけ加工に関わってきても毎回、驚かされ感心致します。

皆様から頂いたご希望の仕様は納入日(工事日)までに完成させます。
お使い頂く中で新たなご希望が御座いましたら改めてご希望を承れれば幸いです。
お客様の使い勝手に合わせた仕様に変更して工程の利便性を上げる目的で度々同じような
ご面談を頂きますが、本当に勉強させて頂いているのは私たちだと気付かされます。

本当に有難う御座いました。

2017年11月04日

お陰さまで展示会終了しました。


お陰さまで盛況の内にメカトロ2017が終了しました。
ご来場頂けましたお客様に心より御礼申し上げます。
展示会中にお時間の都合等でご説明が不足していることも多々あるかと存じます。
お気軽にお問い合わせ頂けますと幸甚です。


毎回お伺いする度に思うのですが、名古屋は美味しいものが多いですね。
三重から直送されるお魚が売りの居酒屋さんにお伺いするのですが、
その美味しさと安さに毎度、感激致します。

またお伺いさせて下さい。

2017年10月23日

防水技術

意外かもしれませんが、ジェイコアのカバーも含めた防水技術は、有人潜水調査船しんかい6500のカメラや照明を製作しているチームが設計・製作しております。
「何故?」 「そんな大げさな」と思われる方もいらっしゃるでしょう。ですので少しだけ経緯をご紹介させて頂きたいと思います。

しんかい6500


防水規格に関する規格ですと市場にはIP規格が存在しております。最初に、このIP規格をご説明申し上げます。
例:IP66、IP67等の形で表記されます。

 

第一記号(左の桁になります)に対して「人体及び固形物に対する保護」※防塵性能について

種類 説明
0 無保護 特に保護はされていない状態
50mmより大きい固形物に対する保護 直径50mmを超える固形物や人体、足などが内部に侵入しない
2 12.5mmより大きい固形物に対する保護 直径12.5mmを超える固形物や人の指先、または80mm以下の体の一部などが内部に侵入しない
3 2.5mmより大きい固形物に対する保護 直径または厚さが2.5mmを超える物が内部に侵入しない
4 1.0mmより大きい固形物に対する保護 直径または厚さが1.0mmを超える物が内部に侵入しない
5 防塵形 粉塵が内部に進入することを防止する。少量の粉塵が侵入しても動作に支障をきたさない
6 耐塵形 粉塵が内部に侵入しない

 

第二記号(右の桁になります)に対して「水の侵入に対する保護」※防水性能について

 

種類 説明
0 無保護 特に保護はされていない状態
滴下する水に対する保護 鉛直(重力の働く方向)に落下する水滴を受けても有害な影響がない
2 15°傾斜した時に落下する水に対する保護 対象物が正常な取り扱い位置から15°以内の向きで傾いているとき、鉛直落下する水滴を受けても有害な影響がない
3 噴霧水に対する保護 鉛直から60°以内の範囲で水滴が噴霧状に落下しても有害な影響がない
4 飛沫に対する保護 すべての方向から水の飛沫を受けても有害な影響がない
5 噴流水に対する保護 全ての方向からいきおいのある水を直接当てても有害な影響がない
6 波浪に対する保護 波浪、またはすべての方向から強いいきおいの水流を受けても有害な影響がない
7 水中への浸漬に対する保護 一定の水圧で一定時間(30分間)水に浸かっても有害な影響がない
8 水没に対する保護 連続的に水中に置いても有害な影響がない。水没の条件については製造者が規定する。原則的に密閉構造であること

 

ご覧になって頂いたように、結構分かりにくく、且つ、第二記号の8に至っては製造者が規定すると有るように定量的な単位ではなくなってしまいます。

そこで定量的に誰にでも分かるような表記を目指し、10m防水と致しました。

加工機械の中は、激しい切削液やミスト環境で有ることが一般的です。また振動や衝撃を含めた過酷な環境に晒されます。チームが長年の経験から得た知見を製品に応用することで耐環境性だけでなくライフサイクルも伸ばすことが可能となりました。これらのアイデアや設計思想は実践で培ってきた経験に基づく知識から創られます。本製品はカバーを含めたヘッドシステムが10m防水で製作されており、水深10mでの連続稼働が可能となっております。
※屈折率が異なりますので水中での測定は行えません。

2017年10月11日
» 続きを読む