ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

最適な画角サイズは?

シリーズを発売してから14年が経過し、モデルチェンジや様々なバージョンアップを実施してまいりました。併せて企業様向けのカスタム(特注)にも対応致しましたが、最近考えますのは、最適な画角(1画面で写る工具の太さ)サイズです。

※画角以上のサイズの工具測定には工具を移動させて左右・最下点を測定しなければならない
 ため画角は測定時間に大きな影響が御座います。本製品は残像を用いた積算処理を行っており
 ますので画角内であれば10秒未満で測定→通信までを完了します。

初代モデルのS-10での画角は0.8×0.6mmでした。小径の工具を測定する技術が確立されていない時代でしたのでニーズは、小径(50~500μm径)に集中しておりました。勿論全ての加工企業様が求められていた訳ではなく、全体で考えますと3%程度の企業様のご要求でしたが、ニーズとしては強力で今よりも台数を製作していませんでしたので単価は高かったのですが、それらのお客様には数多く受け入れられました。

次のモデルで、一般的な仕上げに使われる3mmφまで画角を拡大致しました。(画角を拡大しながら精度を保つ技術を確立することが出来たためですが)しかし、最近の特注依頼は、一般的な工作機械が仕様を推奨される6mmφまでを一発で測定したいというご要求が多くなってきました。サイズの大きい金型や部品では、このサイズの工具まで仕上げで使われることが多くなったことに起因しているようです。5軸加工機では8mmφというご要求も有り、共に供給し続けております。

前述致しましたが、画角が大きくなっても精度が落ちるのでは本末転倒になってしまうので、9ピクセルマトリックス理論やグレースケール技術、AI補完テクノロジーを用いて精度を担保して居ります。(実は本製品は数学の塊となっております)

その上で、画角のサイズ感はどの程度を標準と考えれば最適なのかと検討している状況です。画角を広げれば光学系を変更しなければならず、コストがある程度上がってしまいます。しかし、標準で考えた場合は量産が出来ますので折り合いもつけられます。

皆様のご意見やご希望が御座いましたらご教示頂けますと誠に幸いです。

 

6mmφボールエンドミルのライブ画像

 

6mmφボールエンドミルの測定用積算画像

上の写真は画角が6.4×5.1mmのモデルでの画像です。表示分解能は0.01μm(10万分の1mm)です。

 

 

2018年01月17日

言語対応について


2018年も1週間が経とうとしております。新年の挨拶回りやご来訪も多いのではないかと拝察致します。私共も東西南北、奔走しております。ご多用の中でのご対応、本当に有難うございます。

ジェイコア本体・OEM・カスタム それぞれご希望を承っておりますが最近増えてまいりましたのが、現地の言語対応へのご希望です。本製品は日本製ですので基本は日本語で製作されておりますが、ご希望が御座いましたら海外工場の言語バージョンを製作することも可能です。しかし、英語はともかくとして、その他の言語は私共にも翻訳が難しいために、製品の画面コマンド一覧をお渡しして、現地の言語を記入して頂く形を取らせて頂いております。何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

※ 全自動運転では画面を見る機会が殆どないために日本語のままお使い頂いているケースも
  多く御座います。

2018年01月12日

開発のお手伝い


最近の開発はジェイコア自体のモデルチェンジがメインでは有りますが、特に好調の加工機械メーカー様からは、多忙で開発に工数を掛けられないことから、通信システム(ロジックからマクロまで)をご依頼されるケースが多くなって参りました。

昨年(2017年)の加工機械の出荷台数が過去最高レベルに達していることから、技術系のご担当者様も繁忙を極めていると存じます。(繁忙期に手が開いている社員がいたら、そもそも問題ですが)

本製品は元々、お客様のご希望仕様にすることを前提としておりますので加工機械メーカー様のご希望を承ることは、お手伝いではなく本業です。ご希望の仕様だけお伝え頂ければ、提案書から仕様書まで作成いたしますのでお気軽にご連絡賜れれば誠に幸甚です。

 

2018年01月09日

謹賀新年

 

明けましておめでとう御座います。
今年も旧年に変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

平成30年 元旦

平成も30年となりました。1年間丸々ある平成としては最期の年となりそうです。
昭和生まれの私は2世代前の人となってしまうわけで、幼いころ、明治生まれの方々もたくさんいらっしゃいましたが、若い方から見ると、きっと私たちから見た明治生まれのイメージになるのかもしれないと少々不思議な感覚も生まれます。

本年度の弊社の方向性ですが、22期(実際は3/21からですが)は、既存OEM向けの開発を3シリーズ、新規OEM向けの開発を1シリーズ。そして発売15年目を迎えるジェイコアはメジャーバージョンアップの年になります。

 

現在までは、自動測定向けに行われたAI化、小型化、画角の拡大が行われてまいりましたが、今回は今までのバージョンアップの中では最大の変革を目指しており、新規で本製品を開発した時期と同等か、それ以上の工数を想定しております。お客様や市場から頂いておりましたニーズの殆どを内包した製品シリーズを創出する予定です。

バージョンアップを実施するたび、これで良いだろうとの想いが心の何処かに常に御座いましたが、リリース致しますとニーズは更に高まり、ゴールはスタート地点となります。製品の開発とは概ねそういうものなのだと悟りの境地に近い心境になってまいります。

一方で今回のバージョンアップでは、そうしたニーズだけでなく、製品としては初めてとも言える付加価値の新しいご提案も盛り込まれます。今後の市場はこういった機能も希望されるであろうというポイントを若い技術者と議論し盛り込みます。若い技術者達の意見や展望は常に私たち(昭和世代)に刺激を与えますね。

今年も本製品の動向をチェックして頂けますと幸いです。

 

2018年01月04日

今年もお世話になりました。


今年もいよいよカウントダウンの時期となりました。
2月に特注対応の小型大画角モデル0132をリリースし、5月には創業20年、年間を通じて、OEMモデルの開発を3シリーズ平行して行い、12月には、やはり特注モデルの工事で締めくくりでした。

この1年を振り返りますと、テレビを含むメディアで【格差】という単語を頻繁に耳にする1年で有ったように思えます。過日、労働政策研究・研修機構の調査結果のコラムでも書きましたが、大手企業様の抱える問題点(改善しなければならないポイント)と中小・零細企業にカテゴリーされる所謂下請け企業様との問題意識の隔たりもますます大きくなったように感じます。過去3年間の投資にも現れているように2014~16年は全体の8割の企業様が「品質向上」「コストダウン」を目的としての設備投資を実施されました。良品を低いコストで生産できる企業は注文が集積され、そうでない企業は仕事が減る方向性となり、私は、ここにも格差が有ると考えております。

仕事が増えた企業様は上がった利益率、利益額から新たな設備投資が可能となり、減産された企業様は設備投資の取り組みが難しくなることが予想できることから、この差はますます広がるように思います。大手企業様は求める品質とコストから有望だと考えられる企業様にご相談をされて居られますので、候補に上がりませんとご相談はおろかご連絡さえも無いことが予想されます。このことが1周回って、先の問題意識の隔たりとなっているとすると事態は割と深刻です。

流れは第二次自動化変革期と考えられます。この波は第一波の時よりも具体的な品質やコスト目標が存在するために大きな動きとなりそうです。(第一次変革期の時は、より良く、より安くでしたが、今回は市場が求める品質と価格に沿うことが第一義となっているためです)ある意味、ドラッカー先生が予測された世界(価格を決めるのはお客様である)が目の前まで来ているように思います。しかし逆に、品質とコストの明確なゴールが存在しているので対策もしやすくなっているはずです。それぞれの製品で一定以上の品質とコストを実現できれば、それ以上の付加価値やコストダウンは直ちに利益となります。

様々な予想が御座いますが、この流れはあと3年は継続され、その後は勝敗が決して新しい経済地図(商流)での受発注が行われると考えます。

2017年12月27日
» 続きを読む