株式会社ジェイネット

弊社は1997年に創業し、半導体用の金型や精密治工具、自動機械の製造を生業としておりましたが、市場の要求に応えるため、自社の製造ラインをより高精度に、より安価に製作できるシステムを構築して参りました。その過程で開発された製造工程の自動化・コストダウンを実現させる製品を製造・販売しております。

同時に金型や治工具の寿命を延ばす表面処理技術もあわせた私どもの加工技術を、どうぞごゆっくりご覧ください。

Products

  • 測定機

  • 「ジェイコア」は、株式会社ジェイネットのオリジナルプロダクトです。伝統的な技術をもとに、自由な発想で機上工具測定機を開発しました。加工機械上に設置し、実加工回転数で工具長・径を測定しNCにフィードバックさせることでATC後の段差や主軸の伸びや振れによる加工誤差を抑制し、自動運転を可能にします。2003年より発売されており、新しい製造工程をご提案します。
  • 「ジェイコアエンジン」測定機を開発させる過程で派生した技術を元に測定機能や判別機能など特筆された機能を要求される企業様へ専用に転用して供給しております。ツールプリセッターや工具検査装置などの他、製品の専用精密測定装置や不良品判別装置、異品種混入防止装置、製品検査装置など多岐に亘りご利用頂いております。

  • 「三次元補正」工具長・工具径だけでなく、工具を点群座標データを元にモデリングし、工具長・工具径だけでは実現できなかった自由曲線や斜面等までの補正を行う技術です。
     特許第6399675号
     
  • 表面処理

  • 「J-Coat」は、金属を硬化させる表面処理で、適性金属が多く、オーステナイト系のステンレスでHv1,500、SKDやSKH系ではHv1,600程度まで硬度を上げます。
  • 「FM処理」は、殆どの金属表面の硬度をHv2,000程度まで上げるとともに皮膜を形成し、摺動性も向上させます。摩耗を抑える他、金属同士の相性の悪さで発生するイオン腐食も抑制します。
  • 「SAT処理」は、金属表面にHv2,500程度の皮膜を形成させ、摩耗を抑制する表面処理です。主に刃物、工具、パンチに使用されます。
  • 「SVC処理」は、超硬金属の表面を更に硬化させ(Hv3,500程度)耐摩耗性を格段に向上させます。
  • 「その他特殊処理」一般的な処理とは異なり、離型性を上げたもの、撥水・親水性を上げたものや、特殊な金属との接触で発生するイオン腐食などへの耐久性を向上させるものなど、お客様のニーズに合わせた処理も行っております。
     
  • パーツフィーダー

  • 創業当時より製作しております。より困難なワークを扱うのが特徴です。バネや薄物のシート、超微細ネジなど、他社では扱えないような製品でも方向・表裏判別を行い、高速で供給致します。
     
  • 専用加工機械

  • 専用加工機械:3軸・5軸などの加工機械をお客様の仕様に合わせて開発・製造致します。お客様の専用仕様での製作になりますので確実に工程にジャストフィット致します。不要な機能を排除し、必要な能力だけを搭載させますので、使い勝手だけでなく、コスト面でも寄与致します。
     
  • 精密治工具・金型

  • 半導体用の精密金型・治工具から一般的なレール、インデックステーブル等まで設計・製作いたします。弊社の元々の生業でした。
     
  • フィールドサービス

  • 出張測定:お客様の加工機械の精度を弊社の測定機「ジェイコア」で測定致します。主軸の伸びやサチュレーションまでの時間、振れ回りも要因別に測定し、対策の検討までを行えるレポートをご提供致します。

ブログ

2018年11月07日
JIMTOF2018
2018年10月26日
20年間追い続けたもの
2018年09月06日
お打ち合わせ出張の楽しみ
2018年08月31日
8月も終わりですね。
2018年07月30日
越谷花火大会中止
» 続きを読む